木の食器買取が思わぬ高値になる
四季やわびさびを感じさせる芸術品となる和食器のみならず、最近の需要増となるのは、木の素材の食器です。
デザイン性や木目の美しさ、加えて、カチャカチャとした金属音が立ちにくい魅力もあり、若い女性からの支持がアツいようです。
天然素材の美しい木目のアカシアは、キッズプレートや高齢者の食事介護でも使用されるなど、破損の心配が少なく、丸みや柔らかさがあり、手にしっくり馴染むことからも評価されています。
実際、想定していた買取価格よりも高めで取引できたのが、手付カッティングボード、フォークやスプーンなどのカトラリーでした。
カッティングボードは、流行りのフォトジェニックに活用する女性からの需要があり、カトラリーは不快感を与えないASMR・食動画での使い勝手でも選ばれています。
食器買取店でも、ノーブランドだと取り扱っていない場合もあるので、こうした素材の食器はカテゴリー分けしていない買取店に持ち込むようにしています。
木の食器は、手作りなためにサイズや形状が一点ずつ異なり、天然素材のため、木目も色合いも異なるので、食器買取の価格は店舗によってマチマチです。